読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資家と起業家をつなぐ新しいマッチング環境を提供するFLC

投資家と起業家をつなぐ新しいマッチング環境を提供するフロンティアリーダーズクラブ

FLCで起業家養成スクールを開設します。

FLCで起業家養成スクールを開設します。

 

こんにちは。FLCの管理人の

Epoch(エポック)です。

 

先日からこちらのページで、

起業案件の紹介がはじまり、

 

また、投資家の方達の

スカウト活動も開始され、

 

FLCの活動が少しずつ

本格的になってきました。

 

そして、次の段階としては、

 

起業家養成スクールの開設

 

です。

 

この「起業家養成スクール」という

発想に関しては、

個人的にも賛否両論があります。

 

私自身、以前子ども達に

某スポーツを指導していたことがあるのですが、

 

「○○スクール」というそういった

「枠の決まった箱」の中に入れて、

その道のプロを養成していくという

この構造自体が、

矛盾しているのではないだろうか?

 

という疑問、葛藤が、あるからです。

実際、いくつかの業界で

「○○スクール」活動から、

大物が輩出されるかという

事実を見ていても、

 

言いづらい事ではありますが、

やはり

 

「小粒な存在しか輩出されない傾向がある。」

 

としか言えない現実があるのかなと。

 

そして、さらに言えば今回のスクールは、

 

「起業家を養成スクール」

 

です。

 

何が言いたいのかというと、

 

「誰かに何かを教わらないとできない人物が、

 優秀な起業家になることはできるのだろうか。。。」

 

というここなんですね。

 

「そう思うなら、起業家養成スクールなんて

 やらなければいじゃん。」

 

というツッコミごもっともなのですが、

このブログでも、ずっと言い続けていますが、

そもそも現時点での

既存の投資家起業家マッチングサイト内で

出会える起業家のレベルが

あまりにも低い方が多く、

 

私自身プレゼンを聞いていても、

「この案件は前向きに検討できる。」

 

と思うプレゼンをしてくれる起業家の方は、

10人から話を聞けば、1人いるかいないか程度。

 

FLCが改善していきたいのは、

この現状なんです。

 

せめて、

 

「今回のプレゼンは良い案件でした。」

 

という中で、

やり取りができるて環境を作りたい。

 

FLCはそう考えています。

 

ですので、

FLCの考える「起業家養成スクール」というのは、

 

Yahoo!やGoogleで「起業家 スクール」と検索すると、

1ページ目2ページ目に出てくるような、

言い方悪いかもしれませんが、

 

「よくありがちな起業家養成スクール」を

やりたい訳ではありません。

 

むしろ、あの

「よくありがちな起業家養成スクール」

は、

 

このブログの冒頭で述べましたが、

 

「優秀な起業家を養成するのに、

 誰かにあーだこーだ言われながら

 起業家になったとしても、

 ブッ飛んだ起業ができるのだろうか。。。」

 

という疑問があるので、

 

優秀な起業家養成を、

目的としていますが、

 

座学で何かを教えるというスタイルではなく、

 

どちらかというと、

 

現場叩きあげ

スタイル

 

で、

 

優秀な起業家を輩出していく活動であり、

環境を作っていきたいと考えています。

 

なので、

FLCの起業家養成スクールの活動内容は、

巷の起業家養成スクールでやっている事とは

大分違う内容の活動をすることが

多いと思います。

 

実際、私がこのFLCの起業家養成スクールの

活動内容の参考にしている活動は、

 

巷の起業家養成スクールではなく、

別の業界でやっている活動の形式を、

参考に考えました。

 

それが、

 

現場叩きあげ

スタイル

 

です。

 

この「現場で叩きあげる」

というスタイルが、

 

優秀なブッ飛んだ起業家を

輩出していくには一番良いというか、

これしかないんじゃないかなと考えています。

 

この「現場叩きあげ」の方法は

いたってシンプルです。

 

1:起業家がプレゼンして、

 

2:投資家が叩きあげる。

(指導というか、どちらかというとダメ出しする。)

 

これを繰り返すことによって、

起業家としての精度を

高めていくという活動です。

 

もちろん、この

 

-------------------------------------------

1:起業家がプレゼンして、

 

2:投資家が叩きあげる。

-------------------------------------------

 

の後には、

 

3:起業家が案件の精度を高める

 

という事をして、

 

再度、

-------------------------------------------

1:起業家がプレゼンして、

 

2:投資家が叩きあげる。

-------------------------------------------

に臨む訳ですね。

 

そして、投資家たちから

 

「このプレゼンなら問題ない。」

 

というプレゼン資料、

そしてプレゼンスキルまで高めていく。

 

という方法が、

 

FLCの起業家養成スクールの、

基本的な起業家養成の方法です。

 

なので、

座学のようなものはありません。

 

ひたすら実践、実戦。

 

この「現場叩き上げスタイル」で、

実戦力の高い起業家を

ガンガン輩出していく。

 

活動していけば

わかっていただけると思います。

 

このスタイルで、

実戦力の高い起業家が増えていくこと、

 

そして

 

「なぜ、講師が受講生にあーだこーだと蘊蓄をたれる

 座学スタイルの起業家養成スクールでは、

 なかなか優秀な起業家が輩出されないのか。」

 

が。

 

この「現場叩き上げスタイル」によって、

投資家の方達に、

優秀な起業家、そして優良な起業案件を、

提供していくことが出来ます。

 

もちろん、起業家の方達の起業案件に対して、

投資の検討をしていただければ有難いですが、

 

このFLCの起業家養成スクールの実際の活動自体、

 

つまり

 

「起業家を叩き上げてくれる」

 

ご協力をしていただける投資家の方を

募集しています。

 

未来の起業家養成のため、

是非、ひとりでも多くの方の投資家の

ご協力をよろしくお願い致します。

 

FLCの「現場叩き上げスタイル」型の

起業家養成スクールの活動に、

ご協力していただける投資家の方が

いらっしゃいましたら、

 

ぜひ、こちらの

FLCのFacebookページのメッセージから、

メッセージにてご連絡ください。